海外子女向けオンライン家庭教師eFFISAGE

LINEでお気軽にご相談下さい カンタン相談
0120-543-153
受付(日本時間)12:00〜21:00
Home » 渡航前 » 英検対策 » モンゴル

モンゴル

赴任先:モンゴル
滞在期間:2年目
通学先:現地校

海外転勤になって2年が経ち、「早く初めておけば良かった」と思う事は『英検対策』です。

帰国後の子供たちの進路については、以前より帰国子女枠で入試・編入をさせようと思っていましたが、気付けば息子は中学3年生になっており、日本の同級生たちは高校受験の真っ只中。もうそんな時期かと思い高校の帰国子女入試情報を調べてみると、いくつかの学校は英検取得が必須条件でした。

とは言え、毎日学校で英語に触れているし、特に英検対策をしなくても大丈夫だろうと考えていたのですが、やはり英検は英検用の勉強をしていないと点数が取りづらいとわかり、現在eFFISAGEで英検対策もしていただいています。

渡航前は「子供たちがすぐにお友達とコミュニケーションが取れるように準備をしてあげなくては」と思い、オンライン英会話や英語の家庭教師など、とにかく“英会話対策”をしていました。
渡航したのがコロナ禍だったため、入れる学校がなかなか決まらなかったり、入学してからも半年間オンライン授業が続いたりと、状況的になかなか英語力を上げる事が出来ずに苦労しましたが、通常授業が始まりお友達と直に触れ合えるようになってからは、見違えるように英語が話せるようになりました。

我が家の子供たちだけかもしれませんが、どれだけ英会話対策をしていても、実際に使う場所がなければ英語が話せるようにはならないのだなと痛感しました。逆に言えば、そこまで英会話対策を行っていなくても、英語しか使わない環境に身を置いていれば何歳だろうと自然と話せるようになるものなのだと思います。
ですが“英語で文章を書く”となると、英会話のように自然と身につくものではなく、やはり勉強をしなければならないんだなという事も子供たちを見ていて感じました。

英検準2級や2級に合格するためには、文法やリスニングはもちろん、とにかくたくさんの単語を覚えなければなりません。そしてこれらは、子供たちがここモンゴルのブリティッシュスクールで勉強するにあたっても必要な事ばかりです。
もし日本にいる時から英検の勉強をしていれば、結果として学校生活にも活かされて良かったのでは…と今更ながらそんな当然の事に気付いてしまい、「もっと早くに始めておけば良かった!」と思っています。

戻る

関連記事

赴任先:アメリカ
永住予定
通学先:現地校
この記事を読む

赴任先:ルクセンブルク
滞在期間:5年目
通学先:インターナショナルスクール
この記事を読む

■居住地:中国
■滞在期間:10年
■通学先:現地校国際部
この記事を読む